Lee-8(リーハチ)

「香港の魅力」を発信する香港在住和食料理人のブログ

台風シーズン到来!行く前に知っておきたい「香港台風警報シグナル」とは!?

この記事をシェアする

f:id:LeeBook:20190824020356j:plain

香港の大敵ともいわれている台風

 

日本でも夏場になると頻繁に発生しては接近してきますが、ここ香港でも同じく夏場になると台風がやってきます。

 

 亜熱帯気候に属している香港では、5月から9月頃が夏季にあたり、この時期の平均気温は26〜33度、湿度は70%以上と高温多湿で、台風がたくさん発生

 

台風が日本に接近してくると、天気予報で注意警報が出されますよね。

 

香港にも香港ならではのルールがあって、台風が接近してくると香港天文台から、風の強さや台風中心までの距離に応じた台風警報シグナルというものが発令されます。


そこで今回は、香港の台風シーズンや特徴、さらに台風警報(シグナル)についてお話していきますね。

香港の台風シーズンはいつごろ?

f:id:LeeBook:20190825085429j:plain

日本の台風といえば「夏場によく発生」するという特徴がありますよね。

 

ここ香港の台風もやはり夏場が多いのですが、香港の台風シーズンは大体のところ4月〜10月の終わりまで

 

とくに6月〜9月は多発。ただ毎年異なり、時には11月入っても発生する年もあります。

 

というのも、香港の夏季は長く、実際のところ4月〜11月が夏場!

 

12月に入っても半袖で過ごせて、エアコンをガンガン効かせることもあるほどなんです。

 

このように香港の夏季は長いので、おのずと台風のシーズンも長いのかもしれませんね。

 

香港の台風警報(シグナル)のシステムとは 

f:id:LeeBook:20190824181535p:plain

画像は「香港天文台」スマホアプリからの2018年9月16日台風マントック情報。

 

広東語ではマントックのことを山竹と呼んでました。

 

香港では台風のことを広東語で「風球 fung1kau4(フォン カァオ)」または「波 bo1(ボー)」と言って表します。

 

この2つの言葉の違いですが

風球 (フォン カァオ)=オフィシャルな場や目上の人に対して使います。いわゆるビジネス敬語ですね。

 

ついでながら、風球 (フォン カァオ)を使って相手にシグナル8のことを伝えるには「8號風球 baat3 hou6 fung1kau4(バー ハオ フォン カァオ)」と言い表します。

 

波 (ボー=こちらは親しい同僚や友達などに対して、ふだんから使ってる言い方で、カジュアルな表現になります。つまり「話し言葉」ですね。

 

こっちではシグナル8伝える場合、「8號波 baat3 hou6 bo1(バーハオ ボー)」と表現。

 

ついで「台風が向かって来る」ことを「打風 da2 fung1(ダー フォン)」と言い表します。

 

f:id:LeeBook:20190829013434j:plain

写真はシグナル1が発令された様子です。

 

私が住んでいるマンションでは台風が発令されると、毎回入り口のドアに警告表示のラベルが貼られます。

 

香港ではその昔、台風を示す警報(シグナル)発令時はボールを掛けておき、シグナルが解除されると取り外していたようです。

 

その名残として、台風シグナルの発令を行うことを「懸掛 yun4 gwa3(ユン グゥワァー)」。

 

そして、解除を「除下 chou4 ha6(チョイ ハー)」と今でも表します。

 

香港へ台風が接近すると「香港天文台」からテレビやスマホアプリを通して、最新の台風シグナルを知らせてくれます。

 

香港の台風シグナルの種類について

台風警報(シグナル)は 1、3、8、9、10の5段階に分けて、台風の規模を表ます。

では台風が接近した時に表示される台風シグナルについて、下の表で紹介しますね。

 

f:id:LeeBook:20190821175721p:plain
※シグナル8の警告のマークだけ4種類ありますが、それぞれ風向きを表しています。


台風の警告は何の前触れもなく発令されるのではありません。

 

例えば「シグナル8」になると、バスやフェリーなど一部の公共交通機関は運行休止になります

 

そのため、香港天文台が「シグナル8」を発令する場合、2時間前にテレビやラジオで予告通知を提示し、市民に注意を呼びかけながら正式に発表されるのです。

 

シグナル8が発令されたら、基本的に会社は休み。

 

勤務中であれば発令された時点で早退、休業が結定します。

 

超凹む!?実は期待はずれのシグナル解除

f:id:LeeBook:20190825091053j:plain

シグナルが解除された場合、2時間後には公共交通機関は通常の状態へ戻るため、台風の報道がある時は、家族みんなで挙動不審になってしまいます

 

というのも、解除された時間帯の2時間後に退社時刻になっている場合は、出社の義務はありません

 

しかし、解除された時間が勤務時間以内であれば、2時間以内に出社しなくてはならないのです!

 

私もそんな会社員の一人で、朝目覚めた時に「シグナル8」が発令されていると「やったー!会社は休み♪」と浮かれるものの、午前中やお昼過ぎにシグナルが解除されるのでは…と、かなりオドオド台風の動向に注目しています。

 

もし、香港滞在中に台風警報が発令されたら!?レベルに合わせて気を付けるべきこと!

f:id:LeeBook:20190825085213j:plain

 せっかくの旅行や短期的な滞在中に台風に見舞われた場合、警報が発令されて不安になりますが、できる対策を早めにして安全に過ごすようにしてくださいね

 

《シグナル1》


シグナル1は様子見という段階で、今後どうなるか分からないレベルなので特別何もすることはありません

 

《シグナル3》


シグナル3が発令されると、保育園と幼稚園は休園になります。この段階では台風の行方に注意した方がいいでしょう。

 

また、警報マークの「T3」から「⊥3」のなると、風向きが変わり、より強い横なぐりの雨風になります


《シグナル8》


通称T8。全ての学校が休校。また会社や店舗も休みになるところが多いです。

交通機関も一部のMTR(香港の地下鉄)とタクシー以外のほとんどは運行休止

 

さらに飛行機も一部を除いては飛ばなくなるので、これからフライトという方は、「そろそろシグナル8になりそう」と発表があり次第、航空会社へ確認しましょう。

 

また、香港市民の早退帰宅ラッシュにに巻き込まれないように、なるべく早くホテルに戻ることをおすすめします

 

その際、ひとまず1日は外出しなくても大丈夫なくらいの飲食物を買い揃えておきましょう

 

旅行で滞在している方は、ホテルの室内でも気軽に食べられるカップ麺やパン、スナック類など火を使わないものがいいですね。

 

ちなみに好みもありますが、香港ローカルにしかない品物を選んでみると、意外な発見があって面白いですよ

f:id:LeeBook:20190828094701j:image

ワンタンメン味のポテトチップスやフィッシュスキンチップスなど、香港でしか味わえないものを楽しみましょう。

 

シグナル8が2日も3日も続くことはありませんが、とにかく解除されるまでは、ホテルでゆっくりと過ごすことが無難です

 

《シグナル9》


シグナル8よりさらに強力な台風が接近してくるとシグナル9が発令され、一旦ほとんどの人が自宅待機となります。

 

シグナル9が発令される頻度はかなり低いですが、もし発令された場合は、絶対にホテルから出ないようにしましょう!

 

シグナル9になるとMTRも全面的に運行休止になるので、外出しようにもどこにも行けません

 

そもそもどこもお休みしているので、外に出るだけ無駄になりますよ。

 

また、香港の建築物は日本のものに比べてかなり造りがゆるく、安全性などの観点から居住等に支障をきたす建築物がとっても多いです

 

新築の物件であっても台風時には、窓のサッシ枠から雨水が浸入してきたり、エアコンの室外機や看板が吹き飛ぶこともあります!

 

ですので、絶対ホテルで待機しておきましょう

f:id:LeeBook:20190827094721j:plain

赤丸で囲んでいるのは、砕け散ったマンションの窓ガラス。2018年9月16日香港を襲った大型台風マントック通過後の写真です。

 

f:id:LeeBook:20190827094738j:plain

下に誰もいなくて幸いでした。

 

f:id:LeeBook:20190828013551j:plain

いつ二次災害が起きるか予測できません。通過後も注意が必要ですね。

 

《シグナル10》


 私が香港に居住を変えてから8年間が経ちますが、その間にシグナル10は2回発令されました。

 

2018年8月に上陸した台風ハト。そして2018年9月16日の台風マンクットです。

 

シグナル10になると、小さな香港を台風が直撃、強風域にすっぽり収まった状態になります。

 

直撃時には看板や木々がなぎ倒され、それらが飛ばされるほどの暴風の吹き荒れます

  

f:id:LeeBook:20190828013222j:plain

 

 

f:id:LeeBook:20190828013245j:plain

ですので、絶対に外出してはいけません!絶対にですよ!

 

さらに、台風が通過したあともしばらく強い風が続きます。

 

香港は道に飛び出した看板が有名ですが、経年変化による自然劣化しているいつ落ちてくるかわからない看板もありますので、台風が経過した後も看板や木の下は通らないようにしましょう

 

売切れ前に急げ!T8発令前は地元民がスーパーに殺到!?


香港天文台から2時間後に「シグナル8になりますよ〜〜」と予告通知を出されると、香港市民はスーパーに殺到して水やパン、出前一丁からカップ麺をこぞって買っていきます!

 

中には箱買していく地元民も。

 

旅行で香港に滞在されている方は、そこまでする必要ないとは思いますが、、、。

 

私たちは、昨年の台風上陸時は買い出しに遅れて、欲しいものが売り切れていました!

 

f:id:LeeBook:20190827094747j:plain

 いの一番に手に入れたかった4.5LのWatsons Waterがなんと、残り1本に!

 

f:id:LeeBook:20190827094755j:plain

いつもなら山積みされて、驚くような価格で叩き売りされれいるバナナも、、、ご覧の通り。娘はスイカのほうが気なっていた様子。

 

f:id:LeeBook:20190827094723j:plain

 ここには、色とりどりのパンがぎっしりと並んでいるはずなのですが、、、。

 

この後「写真撮ってる場合じゃないでしょっ!早く食料カゴに入れてよっっっ!」と思いっきり奥さんに怒られてしましました。

 

f:id:LeeBook:20190827094641j:plain

最後に

香港では、入社時に会社と交わす雇用契約書にも、台風が上陸した際の対応について明記が必ずあります。

 

また、台風でシグナル8は発令されても、社員に「むちゃぶり」して定刻出社を求める、いわゆる日本的な文化は香港では存在しません

 

私の会社をもとに台風のルールを簡単に説明すると、シグナル8が発令されたら会社は休み、勤務中であれば発令された段階で早退、休業のなるのです。

 

ただ、一部の交通機関は運休になり、飲食店などもほとんどの店舗はお休みになります

 

そんな中、シグナル8発令時の楽しみとして人気があるのが映画観賞です

 

シグナル8が発令されたと同時に、会社を早退した人たちが映画を楽しもうと、映画館へ足を運ぶ光景がよく見られます。

 

台風時のターニングポイントであるシグナル8・通称「T8」

 

たまたま台風シーズンに香港旅行が決定したのであれば、飲茶レストランやスパなどの施設が充実したホテルや、ショッピングモールが連結したホテルを選ぶのも、香港を快適に楽しむ方法の一つですよ

 

ではでは。