Lee-8(リーハチ)

「香港の魅力」を発信する和食料理人のブログ

香港ではNG!?旧正月1日目にやってはいけないタブーとは?

恭喜發財! 身體健康!
新年あけましておめでとうございます。


本日2月5日の香港は新年を迎えました。

f:id:LeeBook:20190206051202j:image

農曆新年、いわゆる旧正月の祝日は2月5~7日までの3日間

 

この祝日の間に日曜日が入ると4日間になるため、来年の2020年旧正月の祝日は4日間あることになりますね。

 

香港では約2週間正月をお祝いしますが、この期間中は色や音楽で大規模に飾った国際的なパレード、ビクトリアハーバーの花火、伝統的な新年の競馬などの色んなフェスティバルを楽しめるのも香港の特徴のひとつでしょう


また、家族が一同集まる祝賀会では、贈り物を交換したり、麻雀で遊んだり、食卓では豪華な食材が揃い、とっても活気のあるお祝いで、忘れられない年始を過ごすことになります

 

こんなに楽しい香港の新年ですが、旧正月1日目にやってはいけない習わしがあるのはご存知でしょうか。

 

そこで本日は新年のご挨拶と合わせて、代表的なタブーをいくつかご紹介いたしますね。

 

1.旧正月1日目はご飯を作ってはいけない 

f:id:LeeBook:20190206044851j:plain
旧正月1日目はご飯を作らず去年の残り物、つまり大晦日に作ったご飯を食べます。これは「余り物がある=今年も余裕がある」という意味があるためです。実際私の家でもご飯を作らず、残り物をいただいたあとは、外食と持ち帰りで済ませます。

 

2.髪を洗ったり、切ってはいけない 

f:id:LeeBook:20190206044758j:plain

洗髪はその年に幸運を洗い流すとされていて、散髪は幸運を切り落とすことになります。ちなみに散髪は旧正月の期間中タブーとされています。

 

3.旧正月1日目に奥さんの実家を訪れてはいけない 

f:id:LeeBook:20190206044753j:plain

旧正月1日目に奥さんの実家を訪れることは、結婚生活に問題があることを表現します。そのことが家族全体に不幸をもたらせないよう、2日目に訪問するようにします。

 

4.財布を出したままにしてはいけない 

f:id:LeeBook:20190206044855j:plain

ポケットやカバンからお財布を出したままにしていると、その年はお金を失う1年になるとされています。

 

5.旧正月1日目は起こされて目覚めてはいけない

f:id:LeeBook:20190206044802j:plain

旧正月1日目に人に起こされて目覚めてしまうと、その年は仕事に追われる一年になるといわれているのです。そのため1日目の朝は家族みんなが起きてくるまで、ゆるりと待ちます。

 

6.おかゆを食べない

f:id:LeeBook:20190206044835j:plain

健康的なイメージがあるおかゆですが、その反面に豊かなイメージがないようで、旧正月1日目におかゆを食べると、経済的に苦しい1年を過ごすとされています。

 

7.物を割ってはいけない

f:id:LeeBook:20190206044821j:plain

中国語で「割る」は「破」と表し破産を連想させます。そのため縁起が悪いとされていて、偶然かもしれませんが、以前に私もこのタブーをやってしまい、その年は財産のほとんどを溶かしてしまいました。

 

8.汚い言葉を使ったり、縁起の悪い話をしてはいけない

f:id:LeeBook:20190206044634j:plain

旧正月1日目に限りませんが、とくにこの日は汚い言葉を使ったり、痛みを伴う言葉や誰かの死、さらに霊的な話をするのはタブーとされています。

 

9.掃除やゴミ捨てをしてはいけない

f:id:LeeBook:20190206044829j:plain

掃除やゴミ捨てをすることにより、幸運も捨てるとされています。掃除は旧正月前に済ませ、元旦に出たゴミはためておき、次の日に捨てるようにします。

 

10.泣いてはいけない 

f:id:LeeBook:20190206044813j:plain

旧正月1日目に泣くと、1年泣いて過ごすと言われています。さらには子供のしつけも緩くしてしまうことを表します。

 

いかがでしたでしょうか。この他にもまだいくつかのタブーがありますが、キリがないので代表的なことを10ほどご紹介しました。

 

もしかしたら、一年間の中で旧正月が最も気が抜けない1日になるかも知れませんね

 

また、旧正月1日目は窓を開けて幸運を呼び込み、赤い服を着て、赤い下着を着れば縁起が良く幸運をアップさせたりもします

 

このように香港では昔から大切に守られている習わしがあり、それを破ると良くない1年になると信じられているのです。

 

ですので、今年の旧正月1日目もまた気を引き締めて迎えた1日となりました。

 

ではでは。